趣味

【夏のジョギング】夏を乗り切る為の暑さ対策と注意点。走りきるためのポイント。夏が終わった後に起こる変化

夏本番までもう少し。

春からジョギングを始めたけど夏はお休み・・・なんて人は結構います。

しかし、せっかく始めたジョギング。夏だからと言ってやめてしまっては勿体ない。なにより、普段は冷房の中で過ごしている現代人は発汗能力が低下中。

確かに猛暑の中での運動は命の危険がありますが、少し視点をずらして活動しても問題ない所で頑張ってみましょう。

走る時間帯を変更してみる

モブリーマンな自分は走る時間帯は常に夜です。

しかし、たまに朝走ったりもします。どちらにもメリットデメリットがありますので紹介します。

朝走る場合のメリット・デメリット

朝走ると言っても夏場は中途半端に早い時間帯はすでに危険な状態になってしまいます。

そこで走るのは早朝です。おすすめは日の出前の時間帯です。

おすすめする理由は次のようなものがあります。

メリット

人通りが少ない

日差しが弱い

朝ジョグは精神的に良い影響を与える

続いてデメリットです。

デメリット

朝起きるのが辛い。

朝走るとその後は眠い。

朝走る最大のメリットは人通りが少ない道を走れる事です。朝陽が昇る頃に走り終えるととても清々しい気持ちになります(あくまで個人の感想です)

また、日差しが弱いので体力の消耗と熱中症のリスクも軽減させることもできます。

逆にデメリットは、日中の時間に非常に眠くなることです。体が疲れるので当然と言えば当然ですが、もの凄く睡魔に襲われます。仕事や出かける予定がある日などは個人的にはあまりお勧めはしません。

しかし、朝早く走るのはとても気持ちのいいものです。

夜走る場合のメリット・デメリット

夜走る場合は、朝走る場合と違うメリットとデメリットがあります。

メリット

夜なので朝走るのとは別のメリットとデメリットがあります。

走り終わればお風呂に入って寝るだけ。つまり時間に追われることは無い。

夜なので日差しは皆無。体力が奪われない。

一日のストレスを解消する事が出来る。

続いてデメリットです。

デメリット

夏は虫が多い。本当に多い。鼻に入ってくる。

夜道を走るので安全面で不安がある。

あまり遅く走ると不審者扱いされる。

夏は虫が多いです。特に田舎ではすさまじい数の虫がいます。よく鼻の穴に入ってきます。目にもぶつかってきます。それが嫌であればマスク、眼鏡などを着用して走るといいでしょう。

安全な日本と言っても夜はなんだかんだと危険があります。また、視界も悪いため車などに注意を払わなければいけません。反射板やライトなどを装備して暗くても相手にわかるように工夫をして走りましょう。

それと、あまり深夜に走らないようにしましょう。不審者扱いされてしまいます。

夜走る事は、早朝に走るよりも気を付けなければならない事が多いです。注意しながら走りましょう。

マダニに注意

走る場所によってはマダニに注意しらければなりません。

舗装された道路であれば可能性は限りなく低くなりますが、原っぱなどを走る場合にはマダニに注意しましょう。

夏は薄着になります。マダニに噛まれる可能性が高くなります。噛まれないようにする為にポイントは二つです。

ポイント

肌の露出をさける。

マダニの生息していそうな場所に行かない。

出来る限り生息していそうな場所で走るのはやめましょう。いつ付いてくるか分かりません。整備されていない場所に行くときは注意が必要です。

危険を冒す必要はありません。むやみに行くのはやめましょう。

走りきるためのポイント

高温多湿・・・・日本の夏の環境で走りきる事はとても大変です。

ジョギングも例外ではありません。

どのようにすれば走りきれるのか?当たり前の工夫ではありますが、次のような工夫をしてみましょう。

ポイント

水分補給・体の冷却をするために飲み物を所持する。

ペースを落としてスロージョギングを心がける。

とりあえずウォータボトルは携帯するようにしましょう。飲んで喉を潤すだけではありません。体に冷たい液体をかければ体温が低下し熱中症になりにくくなります。なるべく量が多いものが良いでしょう。

これ一つ持っているだけで走っている時に安心感があります。絶対に必要な一品です。

そして、ペースを落とす。これも一つの手段です。普段のジョギングが1km6分くらいのペースで走っているのであれば8分位のペースまで落としてゆっくり走りましょう。そうする事によって体の負担が軽くなります。

無駄にペースを上げない。一定のペースでゆっくりと走ることを心がけて下さい。体がそのペースになれれば楽になります。無駄にペースを上げてしまうとその分リスクも高まります。絶対にやめましょう。

夏を乗り越えた先に起こる変化

辛い夏。

これを乗り越えた先にあるもの・・・・なんでしょう。

色々あると思います。春からジョギングを始めた人であれば、例えばダイエットの効果が出始める頃です。体力作りで始めた人であれば体力がついた頃でしょう。

それぞれ効果が実感できる頃になっていると思います。ジョギングはすぐに結果が出るものではありません。じっくりと体をつくっていくものなので時間がかかります。

そして、夏を乗り越えたことによって自信も生まれるでしょう。秋が深まる頃、気温が下がり過ごしやすくなってくる気温になった時・・・もしかしたら今までの走る距離では物足りなさを感じるかもしれません。

距離を伸ばしてみるのも良いでしょう。

普段、体を動かさない人にとってジョギングは様々な刺激を与えてくれるスポーツです。決してつまらないものではありません。

暑いからやめるのではなく、暑くてもやる!という気持ちをもっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-趣味

Copyright© モブの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.