スポーツ

【ジョギングを楽しみながら続けるコツ】ツライ山場はどこにある?

いきなり大きな目標を立てない

走る距離と時間の目標を決めない

ジョギングを始める時に初心者の方は走る距離の目標を立てると思います。

決して悪い事ではありませんが、大概は無茶な目標を立てる人がほとんどです。

無茶な目標

毎日5km走るぞ!なれたら10kmなんて楽勝だぜ( *´艸`)

毎日1時間は走ろう。

10年以上毎日走っている僕だからいえる事なのかもしれませんが、

そんな大きい目標はやめましょう。

ジョギングを始める理由はそれぞれだと思いますが、大概の人はこんな理由だと思います。

ジョギングを始める理由

日ごろの運動不足の解消

ストレスの解消

ダイエット

この3つがジョギングを始める理由の人はほぼ9割だと思います。

そんな人達が急に5kmや10kmを走るなんて出来ません。

走れる体が出来ていません。長時間走るなんて無理です。

急に体に無茶な負荷をかければ辛くなり、精神的にも苦痛です。

もう3日坊主になるのは目に見えています。

では続けるにはどうしたらいいのか?それについて説明していきます。

最初は短距離でOK。それを毎日続けよう。

極端な事を言えば、

毎日100m走る

最初はこれを毎日続けるだけでもOKです。本当です。

まず、優先する事は「毎日続ける」という行為です。では、毎日続ける為にはどうすればいいのか?

答えは簡単です。

ポイント

負荷を軽くする・簡単にする

簡単な事なら毎日続けられる。そういうものです。

100mはさすがに短すぎる!という方は1kmでもかまいません。とにかく最初は簡単に出来る事から始めましょう。

小さなことからコツコツと・・・よくそんな事をいう人がいますが、まさにそれです。

最初は短距離でかまいません。時期をみて少しずつ走る距離を伸ばしていきましょう。

ロングスパンで目標を立てる

例えばダイエット目的でジョギングをはじめたとしましょう。

目標

10kg痩せたい

いつまでに痩せたいでしょうか?1ヶ月か2ヶ月で結果を出したいのであれば、ライザップに行ってください。

それが一番手っ取り早いです。

ジョギングで目標を立てるときは半年~1年間での目標をたてることをお勧めします。

ジョギングでダイエットをする場合、すぐに効果は出てきません。なぜか?

まずは、体をつくる事から始まるからです。

僕の場合は1年間で12kg体重が落ちましたが、初めてから3ヶ月は体重の変化はありませんでした。

専門的な事は分かりません。もし知りたいのであれば他のサイトに行ってください。

その人のやり込み具合にもよるかもしれませんが、僕は最初は2kmくらいのジョギングからスタートして、半年後には5km、1年後には10kmの距離を走るようになっていました。

少しずつ距離を伸ばした事で、その距離を走れる体を少しずつ作りました。

走れる体が出来上がる頃には、始めた当初よりも筋肉が付き、エネルギーを消費できる体になっていたのだと思います。

縛りは緩めで

大きな目標を立ててしまうと、挫折するか、他の手段を用いて結果を出そうとしてしまいます。

その手段とは食事制限です。

運動と一緒にすることにより大きな効果が期待できます。

ですが、僕は反対です。

だって、好きなものが食べられないのはつらいじゃないですか?

ジョギングをして、食事制限をして、そして痩せる・・・素晴らしい計画だと思います。

しかし、それって続けられる?

僕は無理だと考えます。縛りをきつくすればした分だけ効果が得られるのは早いかもしれませんが、挫折する確率も同時に高まります。

逆に考えましょう。

食事制限をしないで、

ポイント

毎日5km走るという目標を達成したら1週間に1回は焼肉に行く!

おやつは毎日食べてOK!

こんな感じのゆるい縛りで行きましょう。もちろん食べ過ぎは駄目ですが・・・

走るだけはやらない

走っている時に走ること以外の何をやるのか?

これは、ジョギングの魅力でもお伝えしています。よくジョギングを始めた人の意見で続かない理由として代表的なのが次の事です。

続かない理由

走るだけでつまらない

集中できない

あきちゃう

では、あきない為にどうすればいいでしょうか?僕はこれをやっています。

好きな歌を聴きながら走る

今の時代は凄いですね。スマホで音楽を聴けて、Bluetoothでイヤホンと繋がっているんですから・・・

僕がジョギングを始めた時は、まだmp3が出始めたばっかりでした。データでの配信サービスも出始めだったと思います。

イヤホンは有線で走っている時はコードが邪魔でした。

歌の曲順を変更したりするのにもいちいちパソコンに繋げて編集していました。

いまではそれがスマホ一台で出来ます。無線通信の為コードも無い。とても快適です。

とても快適です。

好きな歌を聴けば、気分のノリます。すると体も良く動きます。そして楽しくなります。

そうすればジョギングを続ける事も苦ではなくなります。ぜひ試してください。

学習をする

走っている時に出来るわけないだろ!と思われがちですが、意外といけます。

例えば

ポイント

リスニングの勉強をする

ラジオを聴く

これだけで大分学習が出来ます。

もちろん、リスニングに関しては聞き流しになってしまう部分があるので後で復習は必要ですが、耳を慣らすという意味では十分に意義があると思います。

ジョギングで心と体がリフレッシュすれば、自然と吸収力がUPするはずです。

普段の生活でテレビやYouTubeしか使わないという人にはラジオもお勧めです。

ラジオは私たちに想像力を与えてくれます。

この声の人はどんな顔をしているのだろう?

何歳くらいなんだろう?

そんな想像力を働かせます。まあ、調べればすぐにわかっちゃうんですけどね(笑)

そして、当然ながら、今日のニュース、最近のはやり、歌のランキング、お笑い、昔の話など様々なジャンルについて放送されます。

ラジオを聴くだけで普段の生活では得られない情報も手に入り、リスナーなどのコメントを聴くのも面白いですね。

そして、自分で投稿もしたくなっちゃうと思います。

これだけで、ジョギングはつまらないものではなく、面白いものに変化していくと思います。

一番きつい山場はどこ?

夏の暑さと冬の寒さ

ジョギングを続けていく中できついのは何と言っても夏の暑さと冬の寒さです。

他のスポーツでも同じことを言えるかもしれませんが、とにかく暑さ寒さは継続する気持ちを砕くパワーがあります。

心の声

あ~、夏は熱中症になりそうだから走るのは中止だな

冬は寒さで風邪をひきそうだから走るのは中止だな

僕も心の声に負けそうになります。

そして、せっかくジョギングを始めたと報告があった人たちも夏と冬は休業中という人が多いいです。

しかし、それではせっかく始めたのにもったいない。

むしろ、夏と冬は汗をかくべきなのです。ですから、こんな心の声に負けないように工夫をする必要があります。

≪夏編≫走る時間を短縮する・走る時間を変更する

夏は確かに危険です。熱中症を馬鹿にしてはいけません。ですから、ジョギングを続ける為には時間短縮・時間変更をすることをお勧めします。

暑いのに走れば体力の消耗は早いです。でしたら無理せずに時間を短縮してこれなら続けられそうだという距離を探しましょう。

また、走る時間帯についても変更をすることをお勧めします。

朝早く走るか、夕方~夜に走るしかありません。日中に走るのは自殺行為以外の何でもありません。

≪夏編≫装備を整える

暑い夏を走るのであれば装備を整えましょう。

例えば、飲料水を携帯するようにしましょう。途中でのどが渇いたり、体に異常を感じた場合はすぐに木陰に入って水分を補給しましょう。

また、夏場だけではありませんが、帽子もかぶることもお勧めします。

服装は、すぐに乾くドライ系のものを着ましょう。べったりとまとわりつく素材ですと不快に感じますし、動きも悪くなります。

≪冬編≫寒けりゃ厚着をしましょう

夏とは逆ですね。寒いのであれば厚着をしてもかまわないと思います。動きづらくはなりますが・・・

走り終えた後も、体温の低下を防げるので厚着をするのは問題ありません。

≪冬編≫なるべく日中に走ろう

これも夏とは逆です。寒いのであれば、その日の一番気温が上昇するあたりを狙って走るのがいいでしょう。

気休めかもしれませんが、夜に走ると気温がマイナスになっている場合もありますので大変です。

 

以上が僕が取り組んでいるジョギングを夏と冬にお休みしない為の対策になります。

まとめ

ジョギングを続けると良い事があります。当然、ダイエットになったり、気分転換にもなります。

しかし、それ以外にも毛穴の中のゴミや汚れを体外に出せるのです。

それを体外に出す手段は、汗をかくことなのです。

エアコンで室内の気温は快適・・・そうすると毛穴の動きが鈍くなってきてしまう可能性があります。

結果どうなるか?毛穴の中には汚れがたまり、体臭の基になってしまう可能性があるのです。

ですから、夏でも、冬でもその汚れを体外に出すために汗をかく必要があるのです。

そういう風に考えると意外と続けられるのかもしれません。

夏と冬を乗り越えれば、今までとは体の動きが違ってきます。いままで辛かった距離が辛くなくなります。壁を上った感じがします。

人間楽する方へどんどん言ってしますという悪癖がありますが、それを乗り切った時、新たなステージが見えてくると思います。

 

-スポーツ

Copyright© ゆらっとふわっと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.