婚活体験

【婚活・迷い・悩み】どうすればいいのか?解決していこう

あなたは婚活を始めました。そしていま、迷いや悩みといった壁にぶつかっています。でも大丈夫。その迷いや悩みは婚活を続けていけば誰で抱えるものです。

ここでは、そんな【迷い・悩み】を解決に向けて答えを見つけていく内容となります。

内容かこんな感じです。

お見合いが決まらない・好みの相手がみつからない

なかなかお見合いが決まらない。好みの異性がみつからない。活動をしているとこんな悩みにぶつかります。

「お金を払って活動をしているのになぜみつからないのか?」

こんな悩みで怒りが湧いたり、自分に合った相手がこの世にはいないのではないのか?と不安になるときがあるでしょう。さて、こういった状況をどうすればいいのか?

答えは単純です。

①・とりあえず会うようにする。

②・相手に対する条件を見直す。

この2つを意識すれば大丈夫です。まず①ですが、これについては他の記事でも書いていて重複になるかもしれません。しかし、婚活の中で最初の一歩目です。とても大切な事なのでここでも書きます。

「とりあえず会う」こんな言い方をすると誰構わずお見合いをするようにしなければいけないのか?という考えになってしまうかもしれませんが、そうではありません。

あなたが相談所に入会した時に、どのような人が好みでどんな人と結婚したいのか?という事を相談員と話し合ったと思います。そして、その結果を基にしてあなたに紹介をしています。ここで大切なのは、この時点であなたの希望条件に沿って紹介がされているという事に気づいて下さい。プロフィールを確認して、「あ、なんか微妙に顔が好みじゃないな」とか「希望よりも年収が少し低いな」とか・・・細かくチェックをしていたらキリがありません。

もしかしたら会ったら評価が変わるかもしれません。せっかくの知り合えるチャンスを細かいところばかりを気にし過ぎて見逃さないで下さい。婚活は「まずは会う」これが大事です。

続いて②の「相手に対する条件を見直す」です。あなたの希望の条件は高すぎませんか?僕が相談所で相手の希望を聞かれた時の回答は、①健康であること、②煙草を吸わない人、この二つの条件以外はだしませんでした。

なぜこの2つの条件以外を出さなかったのか?単純です。その方が紹介が沢山くるだろうと思ったからです。僕は自分の女性の好みを理解していませんでした。だから会って決めようと思っていました。その為には、あまり複雑な条件を出してしまっては人数がどんどん減ってきてしまいます。

僕は自分がモテないのは知っています。そして、自分が高学歴・高身長・高収入ではない事も知っています。そんな自分に会ってくれる人はきっと素敵な女性に違いない!そう思いました。

しかし、自分の中でも譲れない条件があることに気づきました。それが、健康であること・煙草を吸わない人、この2つの条件でした。

相手に色々な条件を求めるのであれば、自分もそれなりにスペックが求められます。高い要求ばかりしていてはミスマッチが発生してしまう確率が高まるでしょう。その分出会いのチャンスを逃します。

自分の希望と自分のスペックを見直してみましょう。

 

お見合いでいい結果がでない。

お見合いでいい結果が出ない。なぜか?要因は色々あるでしょう。単純に考えても3つ出てきます。

ポイント

会話が自己満足で終わっている。

相手の話を聞いていない。

態度が挙動不審である。

お見合いは自分だけの為にするのではありません。自分の好きな事を話せばそれでOKという訳にはいかないのです。

自分を知ってもらう為に話し、相手を知るために話を聞く。

ごくごく当たり前の事だと思うでしょうが、これが難しいです。

結婚相談所の相談員の中には、

「お見合いは緊張しないで、会話は日常会話で大丈夫です。」「あなたのありのままで大丈夫です。」という人がいます。

僕は違うと思います。

緊張はします。絶対にします。

日常会話では話は続きませんし、面白くもありません。最初からありのままをみせても相手は「なに?こいつ?」と思います。

僕も最初はお見合いでの会話をどうすればいいのか悩みました。相談員にも会話のネタはどうすればいいのか?と相談をしました。

そして、上記の内容を言われました。ですが、それだと会話が自己満足で終わってしまい、その後の会話がありませんでした。

お見合いの結果は散々でした。誰も次も会いましょうと返事をしてくれませんでした。

ですから、僕は考え方を変えて徹底的に相手のプロフィールをチェックしました。まずは相手の情報をしり、そこから会話の内容を考えました。会話をするなら相手の情報を出来るだけ知り、そこからどういう会話をするのかを考えた方が良いと判断したのです。

そして、それをしている内にお見合いの中の会話でも相手の情報を知ろうという姿勢に変わり、相手の話をきちんと聞くという対応が出来るようになりました。話を聞く姿勢ができればもう大丈夫です。会話が自己満足になることは無いでしょう。

また、会話が楽しくなれば自然と挙動不審な行動はとらなくなるでしょう。

お見合いでいい結果を出したいのであれば、事前に会話の内容を考えていきましょう。そして、相手がどうすれば満足するのか?という事を常に意識をしていきましょう。

そうすればきっといい結果が出るはずです。

 

お試し期間とは?他の人とお見合いをしてもいいのか?

お試し期間とは?

お試し期間とは、最初のお見合いの後にお互いにOKであれば、もっと仲良くなりましょう!という感じの期間です。期限は約3ヶ月くらいです。

結論から言うと、お試し期間中に他の人とお見合いをするのはOKです。

回答

全く問題ありません。

むしろ、もっと良い人を見つけるために活動するべきです。もちろん相手もそうしています。

お見合いが上手く行き、お知り合いになったとしても途中で駄目になる可能性もあります。ですので同時進行は出来るのであればした方がいいでしょう。

ただし、注意点があります。

何人もお試し交際をしながら他のお見合いをしていると、誰がいいのか分からなくなってきます。人数がいることに満足してしまうことがあります。

人数が多い事によるデメリットもあります。

人数がいればその分1人当たりにかける時間はどうしても少なくなってきます。

その少ない時間の中で真剣交際に発展させるのか?もしくは断るのか?という事を判断しなければいけない為、難しい判断となってしますのです。

結局、誰が良いのかさえも分からなくなってきます

僕もこんな状態に陥りました。しかし、妻とお見合い後、お試し期間になった時に行動をしました。

妻以外の人はお試し期間のお断りをし、入っていたお見合いを全てお断りする決意をしました。

なぜ他のお見合いを断るのか?なぜ他の人のお試し期間を終わりにするのか?

答えは単純です。

相手に自分の本気度を知らせる為です。僕はあなたについて真剣に考えていますという事を相手に伝えるにはこれしかないと思ったからです。

ですから僕は妻にこう伝えました。

「あなたとのお試し期間中は、お見合いの申し込みを入れたり、受けたりする事はしません。」

「いま入っているお見合いも全て断ります。」

「真剣にあなたの事を考えています。だからあなたも真剣に僕をみてください。」

妻は「は?」「え?」みたいな反応でした。僕は、これを伝えて駄目ならそれでもいいと考えていました。

当然、ここで大丈夫でも途中で駄目になれば時間を無駄にした事になります。他のチャンスを棒に振ってしまった事になります。

でも、それでもいいと思いました。真剣に、1人だけを見ることに集中したのです。それによって僕の中でモヤモヤしていた悩みや迷いは無くなりました。

妻はこの後もお見合いをしていたみたいです(笑)

あとから聞いて笑いました(笑)

でも、態度をはっきりさせている僕と自然と一緒にいる時間が長くなり、「ああ、この人と結婚するんだな~。」と思うようになったそうです。

もし、お試し期間中で悩んでいる方がいたら、人数を求めるのではなく、1人の相手と集中して時間を作ってみる事もお勧めします。それによって、見えてくるものがあるはずです。

 

真剣交際とは?

真剣交際とは、お試し期間の中でこの人の事をもっと知りたいと思った時に次のステップとして用意されている期間です。

期間は3ヶ月~6ヶ月くらいです。

この時は他のお見合いは組む事は出来ません。紹介もストップします。

さて、お試しと何が違うのか?

簡単に言ってしまうと、

お試し期間=友達、真剣交際期間=将来を考えたお付き合い

こんな感じです。当然、真剣交際期間になるとただお付き合いをするだけではありません。将来の事について真剣に考えていかなければなりません。いままで聞いてこなかった事も聞かなければなりません。

相手の仕事の内容(転勤はあるのか?一緒になった場合住まいはどうするのか?)

相手の家族構成

結婚後は共働きをするのか?それとも専業主婦になるのか?

いろいろあると思いますが、僕が真剣交際期間に聞いたことを簡単に書いてみました。あまりしつこく聞くと相手に不快感を与えてしまいますので、会話の中で少し取り入れて、少しずつ相手の希望などを聞くのがいいでしょう。

真剣交際中は楽しくお付き合いするだけではなく、将来のイメージを共有する機関でもあります。

楽しく交際をしながら色々な事を話して下さい。

そして、これからの未来をイメージしてください。

その人があなたにとって大切な人ならきっと楽しいはずです。

仕事で忙しくて、時間が無くて、疲れているかもしれないですけど、きっと楽しいはずです。

ただ、1つ注意点があるとすれば、

注意ポイント

肉体関係には発展させない。

これだけは絶対に守ってください。そのような行為があった場合、相談所を強制退会させられる可能性があります。

いずれは避けて通れない道ですが、いまは我慢です。

 

 

自分の望んでいる人はこの人なのか?

さて、真剣交際も進み、そろそろ回答を出さなければいけない時期がやってきます。

そう、相手の人と結婚をするかどうかです。

真剣交際中、相手を知るために色々聞き、自分を知ってもらう為に色々話したと思います。

お付き合いも楽しかったでしょう。

でも悩む・・・なぜ?

何が引っかかるのでしょうか?

知り合ってからの期間が短いから?

結婚相談所で出会ったから?

実はもっと違う相手を探したかったから?

いろいろあると思います。

自分一人で悩んでいても回答は出ないと思いますので、そういう時は相談員の方と話しましょう。

なぜ悩むかの?きっとアドバイスをしてくれるはずです。

しかし!

相談員の方の話を全て鵜呑みにしてはいけません。

嫌な言い方になってしまいますが、結婚相談所も結局は商売です。成婚率を上げる為に一生懸命悩んでいるあなたを説得するでしょう。

それがあなたの悩みを取り除く回答なら問題ありません。

無理にくっつけようとしてくることもあります。

「今は不安かも知れませんが、一緒にいればそれもなくなりますよ。」とか「お見合い結婚は恋愛結婚とは違い、一緒になってから好きになっていくものです。」とか言われます。

確かに!と思えるのであれば大丈夫です。

しかし、相談しても解決せず、どうしたらいいのか分からない時・・・・

一度、相手にお願いをして時間を貰いましょう。

相談員の方の意見も参考にしながら自分で自分の気持ちを整理していきましょう。これをするには時間が必要です。しかし、そう多くの時間はとれません。

なるべく早く相手の方に返事をしましょう。

退会して将来を考えるのか、それともここでお断りするのか・・・・

相手には残酷ですがここでお断りするというのもありです。しかし、覚悟はしてください。自分にもそれ相応のダメージはあります。

ですが、中途半端な気持ちで成婚という形で退会するのは相手にも失礼です。

仮に成婚で退会しても、おそらく途中で関係は駄目になるでしょう。

なぜ言い切れるのか?

この経験が僕にあるからです。詳しくは別の記事で書きたいと思います。

どうか、真剣に考えてください。それがあなたにとって最良の結果になるように・・・・

まとめ

かなり長い内容になってしまいました。

ですが、婚活に悩み、迷いは付き物です。そして不安に思う時もあると思います。

それでもそこで止まってしまったらそこで終わりです。

一歩ずつ進むように、頑張れるように、この記事がきっかけになっていれば幸いです。

では、また。

-婚活体験

Copyright© ゆらっとふわっと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.