婚活体験

【婚活・チャンスを増やす方法】お見合いをする為に必要な事

どうも、たくろーです。

前回は結婚相談所に入会した場合の簡単なまとめを書きました。

今回は、結婚相談所に入会し、婚活を開始した人向けに婚活体験者である僕の考えを書いていきます。

婚活で出会いのチャンスを増やす方法

結婚相談所に入会したからと言って、無限に出会いのチャンスがある訳ではありません。

相談所に入会した後に自分の好みを聞かれます。これは、なるべく出会いのミスマッチを少なくする為にする事です。

例えば

どういう体格の人が好きですか?

どういう性格の人が好きですか?

相手の年収はどの位を希望しますか?

日本人ではないと駄目ですか?

このような質問を何回も聞いて好みを絞っていきます。その為、紹介メールが来た段階で自分の好みに沿った相手を紹介されることになります。

そして、その中で気になる人がいたらお見合いを希望する旨を相談員に報告します。

ポイントはここです。

ポイント

紹介をされたら基本的には断らない

なぜ断ってはいけないのか?答えは単純です。

紹介が来た時点でその人はあなたの好みに合わせて紹介をされている異性です。プロの相談員の方があなたに様々な質問をし、この人ならあなたにピッタリだと思って紹介をされているのです。

ですから、プロフィールを見て、例えば「顔が好みじゃない」、「身長が希望より低い」等の理由で断るのはやめましょう。希望を全てみたしている人なんてそうはいません。

仮に1ヶ月で10人の人を紹介されたとしましょう。そして、ここで全員に会う事を希望すれば10人に会える可能性が出てきます。しかし、ここで半分の5人のみ会う希望を出し、残りは会わないという事になると必然的に出会える人数は減ってしまいます。

勘違いをしてはいけないのが、自分がお見合いをしたいと希望をしてもそれを相手が了承しなければお見合いにまでもっていけないのです。あくまで両者で会いたい希望をがあった場合のみお見合いに発展していきます。

僕はモテない村の住人です。だから10人紹介されれば全ての人にお見合いの希望をだしました。その中で決まってきたのは大体2~4件でした。つまり確率的には半分もいっていませんね。

僕がモテない村の住人であるからかも知れません(´;ω;`)

しかし、ここで言いたいことは、

ポイント

自分でチャンスをつぶさない。

この一言につきます。せっかく相談所に入会して手に入れた出会いのチャンスです。自分で潰すのはやめましょう。僕が婚活をした中でそれが一番大切な事だと思います。

もし、紹介をされた人が自分の希望とあまりにもかけ離れていたら相談員の方と話し合ってください。そうすればより一層にあなたにピッタリの異性を紹介してくれるはずです。

お見合いをスムーズに進めるために必要な事

さて、紹介された人と会いたいという意思を相談員に報告します。そして、お互いにお見合い希望であれば会うことができます。これは前にも説明しましたね。大体、1~2週間位で相手からの返事が相談員に届きますので、報告を待ちましょう。

しかし、ただ返事を待つだけでは駄目です。返事を待っている間にできることをしましょう。

ポイント

自分の予定を把握しておく。

例えば、10件の紹介があり、10件全部決まったとしましょう。さあ、大変です。あなたの休日の予定はどうなっていますか?平日はどうですか?単純に週休二日制のサラリーマンだったとしても、1ヶ月の土日休みで8日・・・・1日1人では足りませんね。ましてや、相手が土日休みではなく平日が休みの場合があります。そうすると平日に時間をみつけてお見合いをするしかありません。

相談員から「10件のお見合いが決まりました~!」、「あなたの予定を教えてください!」と言われた時に、なんと土日は予定ですべて埋まっていてお見合いが入れられない、平日も会うのが難しいとなってしまうと、せっかくのチャンスが潰れてしまう可能性があります。あまりにもお見合いの日程が遅くなってしまうと相手が、「あ、この人は私の事を優先していないな。」と感じてしまう時があるのです。せっかくお見合いするのですから「自分を1番にみてくれる人」とお見合いをしたいと思うのは別に不思議な事ではありません。いつでもお見合いが入れられるように自分の予定を把握しておきましょう。

婚活をする期間を決めておこう

婚活は結婚する相手を見つけるか、相手がいないと諦めるまでは続きます。なかなか相手がいないと気持ちが落ち込んできちゃいますよね。モチベーションを維持するのはとても大変です。

僕の場合、婚活は2年間だけ! 

これを自分の中で決めていました。なぜ期限を決めたのか?それは単純な答えです。期間が決まっていない行動は質が落ちます。ですから、ここでのポイントは

ポイント

期限を決めて、行動の質を高めよう

実際に僕が結婚相談所に入会して婚活をした期間はトータルで約1年半でした。なぜトータル?と思う人もいると思いますが、ここでは説明を省きます。あとで別の記事で説明します。

僕はその1年半は婚活を必死で頑張りました。だから現在があると思っています。

仮に「結婚相談所に入会したのに相手がみつからなかった」となったとしましょう。

これは周りからみれば、「あいつは欠陥があるから結婚出来なかった」とか言われそうで嫌ですよね。だから一度入会をしたら退会をするのはとても気が重くなります。

退会をしたら、せっかくお金と時間をかけて婚活をしたのに全てが水の泡・・・

相手が見つかるまでは退会したくない。そういう思いが出てくると思います。そして、「相手が見つかるまで入会しておこう・・・」となってしまう。

これでは質の高い行動は出来ません。もし、婚活をして相手が見つからなくても「自分はここまでやっても見つからなかったんだ!」と胸を張って説明できるくらいの行動をしましょう!

僕はそう思いました。例え相手が見つからなくてもこれだけやったんだ、でも相手が見つからなかったんだ!と言えるくらい行動をしようと考えました。

その為、無期限でやっているとだらけてしますので、「婚活をする期限を決める」という事に繋がっていきました。決して安くない入会金を支払い、毎月の月会費だって馬鹿になりません。

せっかくお金をかけているのであればこそ「行動の質」を高める事は重要ではないのでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?僕が婚活を通して体験した事なので、これから婚活を始めようとしている方に役に立つ情報であればとても嬉しいです。

僕が婚活を体験したなかで重要なポイントの1つが「行動の質を高める」です。すぐに相手が見つかれば問題は無いですが、長期戦となってくるとモチベーションを保つのがとても難しくなっていきます。

そうすると「行動の質」が低下し、それが婚活にも影響をあたえてしまいます。良い出会いがあるのにそれすらも見過ごしてしまう可能性があるのです。

そうなる前に自分で「行動の質」を高めましょう。やり方は問いません。僕の場合は期限を設けることが「行動の質」を高める事に繋がっていったと思っています。

チャンスを逃さない為にも「行動の質」を高めていきましょう。

 

 

 

 

 

-婚活体験

Copyright© モブの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.