体験

【新築 一戸建て】田んぼに家を建てる|建てる時の注意点・建てた後に困った事


 

夢のマイホーム・・・・

 

私は妻がもともと住んでいたアパートに転がりこんで新生活をスタートしました。

 

狭いアパートでしたが、駅近いし、コンビニもあるし、スーパーもあるし・・・けっこう便利な場所でした。

 

しかし、さすがに狭いので別のアパートに住むか、家を建てるかという事を2人で話し合いました。

 

お互いに田舎の中小企業勤めだったので転勤の可能性は低かったので家を建てる事を決意しました。

 

ちょうどその頃、親戚から家を建てるなら土地を譲ってもらえる話をいただいたのでその土地に家を建てる事になりました。

 

しかし、なんとその土地は田んぼ・・・

 

正直、「ここに家を建てるの・・・・」そんな気持ちになりました。

 

まあ、現在では無事に家を建てて家族4人で楽しく暮らしています。

 

しかし、建てるまでドタバタで、住み始めたらまたさらに別の問題が・・・

 

今回はそんな「田舎で田んぼを埋め立てて家を建てる場合の注意点・建てた後困った事」を説明していきたいと思います。

 

あくまで私の場合のケースです。

 

田んぼを埋め立てて家を建てるなんて好き好んでする人はいないと思います。

 

もし同じ境遇の人がいたら決断をする前にぜひ読んで下さい。

 

こんな人に読んで欲しい

・これから家を建てようとしている人

・実家から田んぼを埋め立てて家を建てないかと相談をされている人

 

田舎で田んぼを埋め立てて家を建てる時の注意点

さて、家を建てる決意をし、親戚から譲ってもらえる土地を見学するとそこは田んぼでした。

 

まあ、そこからその土地の条件を冷静に考えました。

 

立地条件としてはこんな感じでした。

立地条件

・田んぼなので面積は広い

・モブの実家は歩いて15分

・妻の実家は車で約25~30分

・近場の保育園は車で5分

・駅は車で15分

・小学校は子どもの足で徒歩10分

・中学校は子どもの足で徒歩15分

・近くのコンビニは徒歩で10分

・1番近い病院は車で15分

・モブの職場まで車で約40分

・妻の職場まで車で約25分

 

正直、立地条件は決して良くはありません。

 

お互いの仕事場・実家が近いのと将来的には子どもが通う予定の学校が近くにあるという事が決め手になり家を建てる決意をしました。

 

難しい手続きについてはハウスメーカーさんがやってくれていたので問題はありませんでしたが、家を建てるにあたって次のような問題が出てきました。

 

問題

・電柱がない

・近くに水道管が通っていない

・埋め立てにかなり金額がかかる

 

細かい事をあげればもっとあるのですが、この3つは本当に頭を悩ませました。

では、順番に説明していきましょう!

 

電柱が無い

電柱が無いといっても全くない訳ではありません。

 

建設予定だった場所の近辺に電柱が無いというのが正しいです。

 

まあ、もともと田んぼでしたので近くに電柱が無いのは分かっていましたが、それでも電線をひかなければ電気が通りません。

 

電柱が無いならどうすればいいのか?

 

簡単に言えば電柱をたてるしかありません。これについては電力会社とハウスメーカーさんの方で話し合ってもらいました。

 

電力会社ハウスメーカーさんで新しい電柱をたててもらう方向で話を進めていきましたが、話が通らない場合は個人負担で電柱をたてる可能性があったので頭を悩ませましたね。

 

私の場合は無事に話が通ったので追加料金はかかりませんでした。

 

しかし、家を建てるのであれば周囲の状況を確認した方がいいでしょう。

 

注意ポイント

・土地を埋め立てて家を建てる際は電柱が近くにあるか確認しよう

 

近くに水道管が通っていない

いくら田んぼしか周囲になくてもご近所さんはいます。

 

当然、我が家の近くにもご近所さんがいます。

 

人がいるという事は水道が通っている証になる・・・私はそう考えていました。

 

しかし、なんとご近所さんは井戸水で生活をしている事が判明しました。正直、この御時世に井戸水で生活しているとは考えてもいませんでした。

 

水道管を新たにつなげる事になりましたが、追加料金で約150万円ほどの追加料金が発生しました。

 

痛い追加料金でした。

注意ポイント

・田舎で家を建てる際には水道管が近くにあるか確認しよう

埋め立てにはかなりの金額がかかる

家を建てるにあたって見積もりをしてもらいますが、その金額の詳細をみてビックリしました。

 

何と埋め立てにかかる費用が1000万円もするからです。

 

もともと田んぼである土地なので低い場所になっている為、入れる土の量がかなり多くなったのが原因でした。

 

煮ても焼いても食えぬ土に1000万もかかるのか・・・・

 

そう思うと悲しくなりましたね。

 

よく、農地を転用して家を建てるのであれば土地を購入して家を建てるよりも安くすむという意見があります。

 

土地代がかからないとかいう人もいるかも知れません。

 

しかし、それを鵜呑みにすると痛い目を見るでしょう。

 

正直な話、分譲住宅の方が安い場合があります。

 

私の場合はもともと田舎暮らしで狭い場所での生活が嫌だったのでしょうがないかな?という気持ちでした。

 

しかし、無理はしないほうがいいでしょう。もし金額が自分の思っている以上にかかるようでしたらプランを考え直すことをお勧めします。

 

田んぼを埋め立てて家を建てた後に困った事

家を建てた・・・

 

完成した時はとても嬉しかったです。まあ、ローンの支払いも同時に始まるのでそこについては気が重くなりました。

 

さて、やっと完成したマイホームですが、住んでいると困った事が出てきました。

 

それが次の事です。

 

困った事

・明かりがない

・虫が大量発生

・外構がまったく手つかず

 

では、こちらも順番に説明していきましょう。

 

明かりがない

田舎なのでもともと外灯が少ないのは分かっていたのですが、田んぼを埋め立てて建てた我が家の近くにはまったく外灯がありませんでした。

 

会社から帰ってきて、車を降りると周囲は真っ暗。周囲には何もないため本当に暗かったですね。

 

仕方なくAmazonで外灯を購入しました。意外と良い物だったので今でも現役です。

 

まあ、私の場合、家を建てる時に外構を後回しにしていたのでそれが余計ダメだった気がします。

 

注意ポイント

・田舎だと周囲に外灯がない。明かりの確保は重要

 

ゲジゲジ・ヤスデなどの虫が大量発生

新築で家を建てて引っ越したのが9月でした。

 

引っ越して数日たったある日、玄関に異常がありました。

 

それは大量の虫が玄関に入り込んでいたのです・・・

 

正直、その光景は背筋がぞわっとするような感じでした。数匹いるなんてレベルではなかったのです!

 

どういった虫が入り込んでいたかと言うと、ゲジゲジ、ヤスデでした。

 

勇気のある人は検索すればすぐに画像が出てきますのでみてください。苦手な人はやめましょう。

 

すぐにハウスメーカーさんに連絡をして入口のゴムパッキンなどを強化して侵入出来ないように工夫しましたが効果は無し。

 

虫が大量発生した理由が分かりませんが、おそらく環境の急激な変化が起きたためではないか?という事でした。

 

玄関だけならまだしも部屋にまで侵入してきてしまう有様で本当に頭を悩ませました。

 

ここから2ヶ月くらい私と虫の戦争が始まりました。

 

とりあえず、侵入を阻止できないのであれば侵入する前に殲滅するしかありません。

 

家の周りに薬品をまき、その防衛線を超えてくる強者にはさらに粘着力のあるジェルで動きを封じ侵入できないようにしました。

 

結果、1ヶ月くらいで私の勝利となりました。

 

虫が悪いわけではないのですが、さすがに家に侵入されてしまうのは本当に勘弁してほしかったです。

 

ちなみにゲジゲジもヤスデも悪い虫ではありません!

 

ただ、見た目と動きがね・・・・

 

家の中にいるのだけは勘弁してほしいですね!

注意ポイント

・環境の変化により虫が大量発生する可能性がある

・数年後に起こる可能性あり(我が家では2020年に再来しました)

 

外構に手がつけられなかった

田んぼを埋め立てて

 

家を建てて

 

さて、これでやっと終わりだろうと思っている人がいると思います。

 

しかし、重要な事を忘れています。

 

そう、外構がまだ残っています。

 

これは分譲住宅の人でもよく見るのですが、とりあえず家を建てて、外構は後でやろう!

 

なんて人が結構いると思います。私もその部類でした。

 

しかし、よく考えてみると外構をしない家だと周りは土があるだけの荒野です。

 

雨が降ればぐちゃぐちゃ、風が吹けば土埃がまう。

 

そんな環境が好きだという稀有な人はそれでも構わないと思いますが、普通はそうではないでしょう。

 

私の場合は、「家」と「土地」にお金を使い過ぎていたのでこれ以上ローンを増やしたくないという気持ちから外構を後回しにしました。

 

結果として荒野にある一軒家になったのですが、それではさすがに住めないと判断し砂利を敷いて固めました。

 

けっきょく外構に手を付けたのが住んでから3年後でしたね。

 

いまだに完成していません!

 

この事で学んだことは家を建てるのであれば一緒に外構もやってしまった方がいいという事でした。

 

まあ、後の祭りですけどね。

 

注意ポイント

・家を建てる時は外構も一緒に考える。出来れば一緒にやった方がいい!

 

まとめ

わざわざ田んぼを埋め立てて家を建てる人なんて田舎暮らしでなければいないと思います。

 

しかし、もしいるとしたらこれを読んで考え直すかしっかりとプランを立てた方がいいでしょう。

 

せっかく家を建てるのですからなるべく後悔しないようにしていきましょう!

 

私は住んでから「あ~!こうすればよかった!」と思う事が結構あります!

 

 

-体験