ひとり言

鉄スクラップ価格下落・どこまで下がる?

鉄スクラップの価格が下落しています。

個人的に仕事で鉄にかかわっている為気になる話題です。先月まではコロナウイルスの影響で工場の稼働率が落ち、鉄スクラップの発生率が下がったのと、輸出価格がどんどん上昇していったために一気に値段が上がりました。

しかし、現状は東京製鉄が買値を下げ続けており、輸出の方でも軟化している様子です。

鉄製品は今後どうなるのでしょうか?

スクラップの価格は下がったというよりも元に戻った

需要と供給のバランス

鉄スクラップの価格は下がったと騒いでいますが、個人的な感覚では「元に戻った」という方がしっくりきます。

そもそもなぜ先月は価格が上昇したの?っていうくらい価格が上昇しました。

工場(例えば車)での仕事がコロナウイルスの影響で稼働率が下がり、スクラップの発生率が下がったせいで市中の鉄スクラップの量が少なくなった・・・らしい。

スクラップで製品を生産する電炉メーカーは

「おや?スクラップの集まりが悪いな?しょうがない。値段を上げて集めよう。」

といった感じで値段を上昇させていきます。集まりが悪かった場合は再度値段を考えなくてはいけません。

まあ、簡単に言えばこんな感じで先月はあれよあれよと鉄スクラップの価格が上昇していきました。

まさに需要と供給・・・

しかし、現状では鉄スクラップの価格は下落し続けています。

なぜか?

まさにこれも需要と供給・・・

使用する量が減れば今度は鉄スクラップが余ってきます。つまり価格を高くする必要はなくなります。

先月のスクラップ価格の急騰は需要に対して供給が少なかったから価格が上昇した形です。しかし、実際はそんなに生産する必要がない状況・・・

だから下がっている?のだと思います。

製品価格はどうなるのか?

スクラップの急騰により、製品価格の上昇が発表されました。

しかし、その後は原料である鉄スクラップの価格が続々と下落していきました。今月は各メーカーはどのように対応するのか・・・・

なかなか難しい局面に入っていると思います。

原料の価格が元に戻ったのであれば、先月に発表した価格も今回は下がっていておかしくはありません。しかし、すぐに下げれば市況は大混乱する気がします。

価格を上げる局面ではない、かといって下げの方向に持っていきたくない・・・

そんな感じです。

耐えるしかないのか?

メーカーは価格を下げる様な事は簡単にはしません。上がった単価でこれから製品は入ってきます。

では買う側は値段があげられるのか?

仕事があれば、鉄の需要もあり価格も上げやすい。

しかし、現状はそうではないですね・・・・

コロナの影響で仕事が無い。なかなか価格を上げづらい状況になっています。

耐えるしかないのか?

難しい状況になっています。

 

 

 

 

 

 

 

-ひとり言

Copyright© モブの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.