ひとり言

【挫折・失敗】辛いを乗り越えるための5つの準備,手段。

人は誰でも一度は失敗や挫折をするものです。

例えば私のここ数年内の失敗は1度目の婚活でしょう。

私は結婚を望んで結婚相談所に行き、そして相手を見つけましたがその後破談となりました。

自分の何がいけなかったのか?悩み、苦しみました。

そんな体験から得た挫折や失敗の【乗り越え方】を紹介していきます。

乗り越える為の準備

・苦しい事からは全力で逃げる

・全力で休む

・体を動かす

・新しい刺激を体験する

・辛い事・苦しい事を整理する

 

全力で逃げる

もし、あなたが【挫折や失敗】をして辛い状況であるならひとまず全力でそれらから逃げましょう。

どんなに頑張っていてもボロボロの状態では意味がありません。

だからとりあえず逃げましょう。

自分を苦しめているものから全力で逃げて、そして考えることをやめましょう。

もし、あなたがそのまま辛い事に立ち向かっても勝てるはずがありません。

ですから、しばらく忘れる為に全力で逃げるのです。

自分は大丈夫、自分はまだやれる。そう思っているかもしれませんが、すでにボロボロの状態です。

まずは逃げて態勢を整えましょう。

全力で休む

さあ、全力で逃げたら今度は【全力で休み】ましょう。

休むと言ってもダラダラといつまでも過ごしていては駄目です。

全力で休むのです。

私の場合は良く寝て、おいしい物を食べました。

・・・それしか思いつかなかったのです。

しかし、良く寝る事によって体は順調に回復し、美味しいものを食べることによって気分も食べることによって気力も回復します。

辛い事から逃げ、逃げ続ける為にも、立ち向かう為にも体力、気力を回復させなければいけません。

本当に辛いとき、きっと何もしたくない。する気力すらない。そんな感じだと思います。

私もそうでした。

お金をかけて、時間をかけて、やっとの思いで見つけたと思った結婚相手と破談になった時は地獄に落された気分でした。

どうして?なんで?と毎日考えてしまい、その考えが頭から離れませんでした。

しかし、人は生きていく上では睡眠と食事はかかせません。

なかなか寝付けない日々が続いていましたが、それでも無理やり寝ていました。

食事は味を感じる事が出来ませんでしたが、ある時美味しいと感じるようになりました。

全力で逃げ、休んでいた私の体は回復していきやっと正常に戻ったのです。

時間が解決するとはよく言われますが、人は時間が経過する事によって、ある程度回復をしていきます。

まずは、そこに状態をもっていく為にも為にも全力でやすみましょう。

体を全力で動かす

体が回復して来たら今度は体を動かしてみましょう。

最初はウォーキング程度でかまいません。早くないペースでいいので出来る限り毎日する事をお勧めします。

最初から激しい運動をしては駄目です。

体が回復したとしても、心の回復はまだしていません。

心が回復していなければ激しい運動をしてもすぐに動けなくなってしまうでしょう。

まずはゆっくりと無理のないペースで体を動かしましょう。

そして、慣れてきたらジョギングなどもしてみましょう。

運動をする事によって脳内にエンドルフィンという神経伝達物質が発生します。

エンドルフィン(endorphin)は、内で機能する神経伝達物質のひとつである。内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用を示す。特に、脳内の「報酬系」に多く分布する。内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられている。そのため脳内麻薬と呼ばれることもある。

マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用「ランナーズハイ」は、エンドルフィンの分泌によるものとの説がある。 食欲、睡眠欲、生存欲、本能などが満足すると分泌される。

引用元:Wikipedia

 

このエンドルフィンの効果で今まで沈んでいた気持ちが少しだけ回復する効果が期待できます。

初めは本当にきついと思います。

私も傷ついた時に無理やり体を動かして気持ちをチェンジしようと思いましたが、出来ませんでした。

それだけ破談になったのはショック死でした。

しかし、ゆっくりと体をならしていき、ジョギングをするまでになると気分はとても軽くなったことを覚えています。

まさにエンドルフィンの効果だったと思います。

 

新しい刺激を体験する

体が回復し、心も軽くなったのであれば、次は新しい刺激を取り入れていきましょう。

例えば、旅行をする。

こんな綺麗な場所に行ってみてはいかがでしょうか?

もしくは

このような体験をするのもいいでしょう。

なぜ新しい刺激を取り入れるのか?

答えは単純ですが、辛い事を忘れる為です。

新しい物事にチャレンジし、それが刺激となれば自然と古いものは頭の片隅に追いやられていきます。

辛い事を完全に忘れる事は出来ないとは思います。しかし、新しい刺激を体験する事によって、辛い事 〉楽しい事となっていく為、上書きされていくのです。

また、新しい刺激を受け入れる事で今までの考えが一新されるでしょう。

ぜひ、やってみてください。

辛い事・苦しい事を整理する

体は回復した。

気持ちも軽くなった。

新しい刺激を受けて考えも一新された。

そこまでいったら今度はなぜ辛かったのか?苦しんでいたのか?

その原因を整理していきましょう。

なぜボロボロになるまで苦しんていたのか?これを理解していきましょう。

当然、どうにもならない事もあります。

例えば、家族同然のペットの死などは受け入れるまでかなり時間がかかるでしょう。

しかし、それらの理由とは別のものがあるのであれば、それを理解する事によってこれから進む道も決まっていきます。

思い出したくない事かもしれませんが、いまの状態であれば大丈夫なはずです。

体を休め、心を休め、新しい気持ちを取り入れたのであればきっと向き合う事が出来るはずです。

あきらめない勇気・違う道を選ぶ勇気

向き合う事が出来たのであれば、今度はこれからの事について考えていきましょう。

つまり、前の道をそのまま進むのか?それとも別の道を選ぶのか?です。

以前と同じ道を選んでもOKです。

違う道を選んでもOKです。

もし、悩んでいるならば、私個人としては別の道を行く事をお勧めします。

辛いと分かっている道を行くのであれば、無理にそこに行く必要はありません。

私は学校を卒業して就職をしましたが、1年後に転職をしました。

今でいうブラック企業に就職してしまったのです。

当然、そこを選んだのは自分なのですから責任は自分にあります。

しかし、企業はそこだけではありません。そう思った私は転職活動を始め、他の企業で働くことを決意しました。

つまり、別の道を選びました。

これが正解か?と聞かれるとそうでないかもしれません。

もう少し、我慢していればよかったのかもしれません。

しかし、私は辛い事が我慢できなかったのです。それは弱いとかではありません。

別の道を選ぶのも勇気が必要なのです。

そして、前の道をそのまま進むのにも勇気が必要です。

どちらが正しいかは人それぞれですが、私は別の道を進むことをお勧めします。

そちらの方が色々な可能性を秘めているからです。

自分にとって最善の道を自分で選んでいきましょう。

 

-ひとり言

Copyright© モブの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.