家族でお出かけ

【フィッシングセンターふじくら】羽生市にある昔ながらの釣り堀|子供料金が安い

こんな方におすすめ

  • お子さんに釣りを体験させたい方
  • 埼玉県北部にお住まいの方
  • なるべく安くお子さんと一緒に遊べる場所を知りたい方

今回、家族で訪問したのが埼玉県羽生市にある「フィッシングセンターふじくら」ここは、昔ながらの身近な釣り堀といったイメージそのままの場所です。

 

最近ではアウトドアブームという事もあってキャンプ+釣りといった感じでまとめて体験できる場所が増えていますが、もともと釣りは身近で出来る遊びの1つです。特別に遠くへ行かなくても遊べます。

 

さて、「フィッシングセンターふじくら」はどんな釣り堀なのか?興味のある方はぜひ参考にして下さい。

 

【フィッシングセンターふじくら】家族で釣り体験レポ|場所・料金・ルール・釣れる魚の紹介|低料金で良く釣れる

【フィッシングセンターふじくら】はどこにある?場所の紹介・駐車場は広い

モブ
「フィッシングセンターふじくら」の場所はちょっと分かり辛いです。

 

【フィッシングセンターふじくら】

埼玉県羽生市大字下川崎429-1

℡048-563-0641

定休日:水曜日(水曜日が祭日の場合は翌日の木曜日が休日となります)

営業時間:7:00~17:00

 

「フィッシングセンターふじくら」は国道125号沿いにあり、正直、一瞬「ここ?」と思う場所にあります。入口付近に旗や看板がたっていなければ通り過ぎてしまうかもしれません。

 

釣り堀の近くにイオンモール羽生店があります。国道122号を久喜方面~羽生方面へ進んでいくと左側にみえてきますので通り過ぎないでください。イオンまで行ってしまうと行き過ぎです。羽生方面~久喜方面へ向かっていく場合は反対側になってしまうのでどこかで迂回が必要です。

 

「フィッシングセンターふじくら」の駐車場は思いのほか広くなっており、よほど混雑していない限り満車になる事はないでしょう。入口を入ってそのまま少し入っていくとすぐに駐車場があります。

 

 

駐車料金も無料なので安心して駐車できます。

【フィッシングセンターふじくら】釣り堀内の様子を・トイレは仮設トイレ?幼児用トイレは無し

モブ
釣り堀内には4つの水槽があります。

 

「フィッシングセンターふじくら」では4つの釣り場があり、3つはベテランの方が楽しんでいる場所でした。どうも周囲を確認してみると竿のサイズで場所を分けているようです。

 

最後の1つの水槽は子供池と呼ばれており、お子さんと一緒に釣りを楽しみたい方限定の水槽となっています。子供池には簡単なプレハブ小屋のようになっており、直射日光を浴びることなく釣りを楽しむことが出来ます。

 

水槽の周りに椅子もあるので座って釣りをする事が可能です。

 

お子さんと一緒にお出かけをする際に気にする事の1つとして「トイレ」があると思いますが、トイレは子供池のすぐ近くに設置されています。しかし、トイレは仮設のようなトイレで小さなお子さんだと用を足すことが難しいかも知れません。それと決して綺麗とは言えません。

 

幼児用のトイレ設備もありません。まさに昔の釣り堀といった感じのトイレ設備です。小さいお子さんが一緒でオムツ交換をする場合は車まで戻って交換するしか手が無いでしょう。




【フィッシングセンターふじくら】料金の確認・釣り具のレンタルはある?

モブ
料金の確認をしていきましょう。

 

フィッシングセンターふじくら料金表

  • ≪鯉釣り≫  1時間・700円|2時間・1200円|3時間・1600円|4時間・1800円
  • ≪鯉釣り≫ 半日(5時間)・1800円|1日(10時間)・3000円
  • ≪鯉釣り≫ 竿レンタル・餌付き・200円
  • ≪女性・子供料金≫ 1時間・500円|半日・1500円|1日・2500円

 

お子さんを連れて御家族で釣りを楽しむ場合、お子さん分の料金のみで大丈夫です。私も家族で訪問した時は子供料金のみで利用できました。つまり1時間500円、これって結構安い料金です。

 

子供料金というシステムが何歳まで通じるのか分かりませんが、お子さんの人数分しか料金が発生しないので遊びとしてはとても安いでしょう。途中で大人が交代をしたり、子供の御手伝いをしても注意はされませんでした。

 

竿はレンタル出来ます。練り餌とセットです。受付のすぐ横に並んでいますのでお好きな竿を選んでもらって大丈夫です。金魚釣りにも使用できるような柔らかい竿です。短いので扱いも楽ですよ。

 

 

子供池では何が釣れる?釣れる魚の種類を確認|釣り方は餌釣りのみ

モブ
子供池には鯉と金魚がいるようです。

 

子供池には鯉のほかに金魚も水槽の中にいるようです。私は釣れませんでしたが、他の方が釣っている様子を確認できました。そして、その金魚はサイズが大きかったです。10cmくらいあったかな?というくらいのサイズでした。

 

「フィッシングセンターふじくら」では練り餌での餌釣りのみになります。子供池も例外ではありません。道具を持っていない方でも有料ですがレンタルできます。餌付きなので御安心下さい。

 

練り餌は釣りを経験した事がある人ならば懐かしさを覚える人もいるかも知れません。そう、鯉釣りといえばコイミーです。私も久しぶりにコイミーに触れましたが「まだあったのか!」という気持ちになりました。

 

 

店員さんによると金魚を釣りたい場合は餌をBB弾くらいにした方がいいとアドバイスをいただきました。鯉の場合は大きさはあまり気にしなくても大丈夫との事です。




子供池で1時間釣りを体験・魚のサイズは大きい・釣った後ハリを外すのが難しい|仕掛けの糸が切れても無料で交換できる

モブ
家族で1時間、子供池で釣りをした結果を報告します!

 

子供池で子供の御手伝いをしながら釣りを体験してみました。まず、釣れる鯉のサイズですが、約35~40cmクラスです。元気のいい鯉は強烈に引いてきますので釣りに慣れていないお子さんですと竿をもっていかれるかも知れませんので御注意ください。

 

釣れた鯉や金魚は水槽の近くにあるボックスに入れるルールとなっています。きちんと酸素を送るようにホースも入っていますので抜かないでください。

 

釣れた鯉や金魚は水槽の近くに設置されている網で回収できます。網に入れたままボックスの中に入れてそこでハリを外しましょう。しかし、注意が必要です。鯉は結構暴れますので素早く外す必要があります。

 

最悪、ハリが外れないまま仕掛けが切れてしまう事も多々あるようです。店員さんが言うには、かえしが無いので大丈夫との事ですが、出来る限り素早く外してあげましょう。ちなみに外す作業は素手で行う必要があります。水槽に近くに道具はありませんでした。

 

仕掛けの糸が切れてしまった場合、「フィッシングセンターふじくら」では無料で新しい仕掛けにしてくれます。竿を受付までもっていくと店員さんが仕掛けを付けてくれますので安心してください。

 

さて、「フィッシングセンターふじくら」で釣りを1時間した結果ですが、鯉が4匹という結果となりました。

 

あたりは結構ありました。しかし、それが金魚のあたりと混じっているので悩みましたね。しかし、釣果としては4匹は十分だと考えています。我が子も釣る事は出来ませんでしたが、網で一生懸命に鯉をすくったりしていましたので一緒になって楽しむことが出来ました。

 

【フィッシングセンター ふじくら】釣り体験レポ まとめ

モブ
トイレはちょっとあれですが、穴場スポットとしてはおススメです。

 

訪問したのは5月なので気候も良かったです。釣りも楽しく体験出来ました。大きい釣り堀ではありませんし、どちらかと言うと地元の方が集まるスポットとなっているようです。

 

個人的には釣り初心者、お子さんに釣りを体験させたい方にはおススメの場所です。何より安いです。釣りが終わったらイオンモール羽生店にいって休憩するのもありかも知れません(笑)

-家族でお出かけ