家族でお出かけ

【黒山三滝 】根っ子食堂のメニュー・店内を確認|外で食事できる場所はある?

こんな方におすすめ

  • 黒山三滝へ訪問予定の方
  • 食事する場所とメニューの内容の確認をしたい方
  • 黒山三滝に滝と釣り以外に子供が遊べそうな場所があるか知りたい方

 

埼玉県越生町にある黒山三滝、越生梅林の時期になると黒山三滝も一緒に訪れる方が多いようで賑わいます。夏は涼を求めてくる方もいらっしゃいます。関越道の東松山インターから約40分という事もあって都内からも訪問しやすい場所です。

 

モブ
とても小さな滝ですが綺麗な場所です。

 

そんな黒山三滝ですが、観光地としてはそこまで大きい規模ではありません。食事する場所や子供が遊べる場所はあるのか、ちょっと不安になってしまいますよね。今年になって現地に家族と行ってきましたので、これから訪れる方はぜひ参考にしてください。

 

黒山三滝にある食事所|食事が出来る場所は何か所ある?お店以外で食事できる場所を御紹介|現地レポ

黒山三滝の御食事所は4店あるが、実際に営業しているのは2店のみ

モブ
黒山三滝には食事が出来る場所が4か所あります。

 

そのうちの1つが【黒山三滝マス釣り場】です。ここについては、別の記事で書いてありますので内容を知りたい方はこちらを参考にしてください。

埼玉県越生町【黒山三滝マス釣り場】|料金・軽食メニュー・設備の紹介|簡単に釣れる釣り堀

続きを見る

 

残り3か所が黒山三滝に向かう道中にある「根っ子食堂」、「Resort Coffee」,「文学そば」になります。

 

しかし、私が家族で訪れた時は残念ながら「Resort Coffee」,「文学そば」は営業をしていませんでした。コロナの影響でお店を閉めているのか?それともつぶれてしまったのかは分かりませんが、営業をしていたのは、「黒山三滝マス釣り場」と「根っ子食堂」のみでした。

 



黒山三滝にある「根っ子食堂」|外観・店内の様子・メニューの紹介|小さい子はトイレにご用心

 

モブ
根っ子食堂は黒山三滝に向かう途中にあります。

 

滝に向かって歩いていると右手方向にお店がみえます。まぁ、趣があるというか、ちょっとオンボロ小屋のような外観をしていますね。お店は2階建てになっており、1階では木材を加工しているようです。店内には木材で作られた商品が並んでいました。

 

 

木の香りがして良い匂いでしたよ。商品の中には木材をハガキの大きさに切断されて作られた木材ハガキがありました。何という株式会社TOKIOの名刺のようなものですかね。1階には作業中以外は人がいないようです。もし、欲しい物があって人がいない場合には2階の食堂の方に声をかければ対応をしてくれます。

 

食堂に行くためには急な階段を上らなければいけませんので足元には注意をして下さい。2階にはテーブル席と大広間がありました。テーブル席はそこまで数が多くないのでお昼時は待つ可能性もあります。

 

根っ子食堂のメニューと価格の紹介|お土産には手作りの唐辛子がおすすめ

モブ
根っ子食堂のメニューと価格を確認していきましょう。

 

根っ子食堂メニュー(表)

  • 山菜うどん、そば(わらび、きゃらぶき、いもがら、きんぴら入り)700円
  • きのこうどん、そば(具だくさんのキノコ群)700円
  • しょうゆらーめん 700円
  • たぬきうどん、そば 550円
  • ざるうどん、そば 550円
  • ひもかわうどん(しょうゆ味煮込み) 700円
  • けんちんうどん、そば 700円
  • ※表示価格は全て税込みです。

 

続いて裏面をみていきましょう。

 

根っ子食堂メニュー(裏)

  • ジュース、サイダー、コーラ 150円
  • ノンアルコールビール(小)300円(中)450円
  • コーヒー、紅茶 300円
  • バニラアイスクリーム 250円
  • わらび、きゃらぶき、いもがら きんぴら(小)600円(大)1000円
  • マスの塩焼き 400円
  • ゆず味噌おでん 350円
  • けんちん汁 350円
  •  ※表示価格は全て税込みです。

 

どのメニューもリーズナブルな価格で注文がしやすいですね。定食系が無いのが少し残念な気もしますが、食事としては十分なメニューでしょう。今回、私が頼んだのは「キノコそば」と「ゆず味噌おでん」です。

「キノコそば」は沢山のキノコが入っており濃い目の汁で美味しくいただけました。キノコが沢山入っているので、この一杯だけでもお腹が満たされます。

 

「ゆず味噌おでん」はみその中に柚子が入っているので口の中に入れるとフワッと柚子の風味を感じます。これは私的にはおススメの一品です。もう少し味にアクセントを付けたいのであればお店においてある唐辛子を入れてピリッとさせても美味しいですよ。

 



お土産にはゆず味噌と唐辛子がおすすめ

モブ
店内にはお土産用に唐がらしとゆず味噌が販売されています。

 

 

すべて手作りの商品です。ゆず味噌は柚子の風味が好きな人にはおススメできる一品です。店内でゆず味噌おでんを食べて気に入るようであればここで購入されてみてはいかがでしょうか。唐がらしもゆずが入っている物とか、七味ではなく八味なんていうもの販売されています。

トイレは2階の食堂にあり|小さいお子さんだけだとちょっと危険・その理由

モブ
トイレは2階の食堂にあります。

 

黒山三滝のトイレスポットでもある「根っ子食堂」ですが、ここのトイレはちょっと特殊です。トイレは2つありますが、そのうちの1つのトイレが「ぼっとん便所」だからです。

 

まさか令和の時代に「ぼっとん便所」をみる事になるとは.......

 

大人や小学生の中学年くらいのお子さんでしたら大丈夫でしょうが、未就学児の子や小学校低学年のお子さんはちょっと不安になってしまいますね。利用させてもらう場合は万が一という事もあるので一緒にドアまでは一緒に行ってあげた方がいいかも知れません。

店内にはサザエさんに出てくる昔懐かしい黒電話が飾られている・さらに古い電話もあり

モブ
サザエさんに出てくるような電話が飾られています。

 

 

昔懐かしい黒電話.....今では携帯電話の普及で家に電話を置くことをしない家庭もあるでしょう。ここ「根っ子食堂」にはサザエさんにも登場する黒電話が展示されています。懐かしい形ですね。

 

しかし、私の実家ではいまだに黒電話が現役で活躍をしています。ですから、そこまで懐かしく感じませんが、昔の電話はこういう形をしていたんだとお子さんに教えるにはいい機会かもしれません。そして、店内にはさらに古い電話が展示されていました。

 

う~ん、何というかとなりのトトロでサツキちゃんが電話しているシーンがありますが、その電話に少し似ている気がしますね。年代を感じます。

 

そして、この電話にはオルゴールがついており、ネジを回せばしっかりと音楽が鳴ります。ちょっとビックリですよね。

 



お店以外で食事が出来る場所はある?外で食べたい人におススメの場所

モブ
根っ子食堂とマス釣り場以外ですとこんな場所があります。

 

せっかくお出かけしたのだからお店ではなく外で食事をしたい、そう考える方もいらっしゃるはず.....

 

黒山三滝にも外で食べられそうな場所がありましたので報告します。場所としては「根っ子食堂」を過ぎて少し歩いたところにありました。営業はしていませんでしたが「文学そば」の反対側に休憩できる場所がありました。

 

 

梅の季節であれば、近くに梅が植えられているので観賞して楽しむ事も出来ます。その隣にはこんな休憩場所もあります。

 

 

時期が夏だと暑かったり、蚊が飛んでいてゆっくりと出来ませんが、春先であればのんびりと楽しむことが出来るでしょう。食事についても持ち込みは駄目とは書いてありませんでしたのでここでお弁当を食べてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、後片付けもしっかりとしましょう。

 

【黒山三滝の御食事所】まとめ

【黒山三滝】の御食事所・メニューについて御紹介しました。【黒山三滝】を訪れる際の参考にしていただけると嬉しいです。

 

-家族でお出かけ